<< 木の家のウィリアムモリス | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

スワッグバランスが飾る上質空間

2017年末を飾った、とても優雅なカーテン施工例のご紹介です。

 

日本の住宅ではなかなか無い、天井高さ3mの、ワンスワッグ+テールのバランスが映える素敵なリビングダイニング。

サンゲツのドレープ生地SC3006+アスワンのサテンの生地を裏地に。

この3006、ドイツの高級織物メーカーROHLEDER(http://www.rohleder.com/en/home/)のファブリックです。 

しっとりとして地厚なモール糸の織物で、生地の地にコッパー色(銅)の光沢糸がきらめくとても上質な生地。 

どことなくドイツという国の堅実な雰囲気も感じられる気がするのは気のせいでしょうか。。。

 

タイバック(タッセル)はMANAS Trading のプロム。房の大きさだけで28cmもある大きいものです。

 

ご自宅の随所に奥様が丁寧に選ばれた絨毯や調度品があり、

カーテンがついたことで、また一層それらが引き立つ、とても素敵なリビングダイニングになりました。 

 

 

I様、この度は誠にありがとう御座いました。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。 

 

staff m.

 

at 18:33, インテリア館・美鶴, カーテンお取り付け

-, trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 18:33, スポンサードリンク, -

-, -, - -

trackback
url:http://interiorkan-m.jugem.jp/trackback/67