絨毯敷き詰め施工〜ホットマット埋め込み型〜

8月のお盆休みが過ぎた途端に、めっきり涼しくなり、虫の声もセミからコオロギ秋に変わってしまった秋田です。 
夏が短い!!今年は特にそう感じたのは私だけでしょうか。。。?
冬に向かう準備は秋田では早く進めるに越したことはありませんね! 

さて、40年!敷いていたという、カーペットの張り替え工事をご依頼頂きましたので、施工のご紹介をさせて頂きますねkyu

これまでは、敷き詰めの絨毯の上に冬場ホットカーペットを敷いていたお客様ですが、絨毯の上に絨毯を敷くとズレて困る。。というお悩みをお持ちでした。そこで、今回絨毯を張替する際に下にマット部分を埋め込み、ずれないように上から敷き詰めすることにしたのです。

↓まずは今まで敷いていた絨毯をはがして、クッションもはがし、床にこびりついたクッション材を落として綺麗にします。


グリッパー(絨毯を引っかける釘のでた板)を必要箇所交換し補強して

新しいクッション材を敷き詰めて、大きいホチキスみたいなタッカーで固定していきます。

今回は、灯油式のホットマットを真ん中に埋め込む、ちょっと特殊な張替の為、コードの隙間にもクッション材を埋めて、なるべく段差を感じないように加工しました。

埋め込んだあと。ピッタリ! 

新しい絨毯を、サイズを合わせてカットします。

絨毯をキッカーで均一に伸ばしながら、端を固定していきます。

出来上がり! 


ウィルトン織のウール羊の絨毯で、手ざわりもすわり心地も抜群。 
お客様からも、この上に家具を置くのがもったいないわ!とのお声を頂きました。 

ちなみに。。。

ウールの絨毯は、汚れにくいという特徴もあります。
もともと毛ですから、人間の髪の毛と同じようにキューティクルで保護されていて、水溶性の汚れをはじく性質があります。一方、吸湿性が高いのもウールの特徴。一見矛盾しているように聞こえますが、ウールの内側の構造上、気体になっている水分は浸透するため、ジメジメしたりする季節にもサラッとお使い頂けるんです。 

また、絨毯を敷くことでホコリも舞い上がりにくくなり、アレルギー対策としても見直されてきています(昔は、アレルギーには絨毯禁!が一般的でしたが。)アレルゲンは、何よりも呼吸器に入らないことが一番です。
今はフローリングのおうちが増えてきましたが、寝室や子供部屋などは絨毯をご検討いただくのもお勧めです。

インテリア館・美鶴=カーテン だけではありません。 
美鶴は「素敵なカーテン&カーペット専門店」なのです!ききゃvネコ 

これから冬に向けて、絨毯やラグなどについてもぜひお気軽にご相談ください。 
快適なお住まいづくりのお手伝いをさせて頂きます

U様、この度は誠にありがとうございました!今後とも宜しくお願い申し上げます。
staff m.

at 11:37, インテリア館・美鶴, 絨毯施工

-, trackbacks(0), - -